静岡市清水区のパソコン教室

Kオフィスパソコン教室

054-369-3016

月~金 09:00~21:00

土日祝日 09:00~17:00

講座(ソフト別)▼
講座(内 容 別)▼

MOS2013試験

昨日8/4 Word2013 スペシャリスト(一般)とExcel2013 スペシャリスト(一般)を受験しました。

MOS2010までの1問ごと回答する試験からMOS2013からはファイルを作成する試験に変わりました。日常の資料作成等にMOS試験の勉強過程で習得したスキルを活用できる人が従来より増えるのではと感じました。

Wordで2、3ページの短文を作成する場合、タイトルに見出しスタイルを設定したり、注意事項に脚注、図表の説明に図表番号を使ったりする人を見たことがないし、私自身使っていません。しかし、慣れると意外と簡単で、便利な機能であることが理解できます。これから便利な機能を大いに使ってステップアップした文書作成をしたいですね。

■その他の注意事項

  • モニターのサイズが小さく(17インチ)作業しにくかった。作業領域が小さく、ダイアログボックスのOKボタンが隠れてしまうので注意を要します。
  • パソコンがフリーズしたときに文書が保存されていないと、入力したデータが全て消えてしまうので、こまめに保存することが必要となります。
  • Wordで文字列に「見出し1」スタイルを設定する問題で、指定文字列を見つけるのに時間がかかった。行頭ばかり見ていたら前の段落の行末にあった。この様なときは、検索機能を使うとよいですね。
  • Excel非表示のセルを参照する場合は、マウスで選択できないので、セル番地を直接入力する必要がありました。
  • Wordドロップダウンリストで表示されない数値は数値を直接入力する必要がありました。

コメントは受け付けていません。